介護と地域包括ケアシステム - システムの活用で介護支援専門員の文書作成時間を削減

介護と地域包括ケアシステム

現在、日本では「地域包括ケアシステム」の構築が進んでいます。
これは高齢者が住み慣れた地域でよりその人らしく、長く生活するために環境を整えること。


具体的には、住まい・医療・介護・予防・生活支援などが一体的に提供されるシステムのことを指します。

まず住まいですが、これは今暮らしている場所のことを指します。

例えば自宅やサービス付き高齢者向け住宅などです。地域包括ケアシステムを構築することで、これらの住まいにより長く暮らしていける環境を整えることができます。

高齢者になると、様々な病気・障がいのリスクが高まります。
そこで必要な時に必要な治療を受けられる「医療」の整備が重要となります。



また、普段から健康について相談できる「かかりつけ医」を作りやすくすることも重要です。

もし一人で何かすることが困難になった場合には、介護保険の利用を考えます。



ヘルパー・デイ・福祉用具などを使用することで、一部分だけ助けてもらいつつ自分の生活を送ることができます。


なお、地域包括ケアシステムでは、介護と医療の連携も重要視されます。
高齢者の体調は日々変化します。もし何かあった時は互いに連携がとれるよう、連絡体制などを整えることも重要です。また、最近は地域資源を活用した介護予防も重要視されています。

介護予防を行うことでいつまでも元気で、よりその人らしく暮らすことができます。



このように、地域包括ケアシステムは、高齢者がその人らしく暮らすために必要なものです。

そして、構築のためには各機関同士の連携が重要となります。