知って得する介護システム

知っておくとお得な、「特定福祉用具販売」「福祉用具貸与」という制度をご紹介します。


これは、介護用品を購入したり、レンタルを受けるときのシステムです。どちらも要介護4〜5の方が対象になり、場合によっては要介護3の方も受けられるサービス。「福祉用具貸与」はレンタル用品に関するシステムで、ベッド・マットレス・体位変換器・手すり・スロープ・車いす・歩行器・多点杖・徘徊感知機器・自動排せつ処理装置などのレンタルを上限10万円まで、1割負担で受けられます。

「特定福祉用具販売」というのは、レンタルできないポータブルトイレ・シャワーチェア・簡易浴槽などを購入する際に、上限10万円まで、1割負担で購入する事ができるシステムです。


「特定福祉用具販売」と「福祉用具貸与」にそれぞれ上限が設けられているのではなく、両方合わせて年間の上限が10万円と決まっているので、10万円相当の物を購入・貸与する場合に9万円まで介護保険が負担してくれることになります。

よく10万円が全額支給されると誤認される事がありますが、1割は自己負担なので要注意。例えばベッドをこのシステムでレンタルするとしたら、毎月1000円〜3000円程度で借りる事ができます。



ケアマネージャーさんの方からこのようなサービスがあるとはなかなか言ってはくれないので、事前に知っておくとお得です。

ケアマネージャーさんが簡単にはこの介護システムを紹介しないのには理由があり、立場上、提案してご利用者さんに期待をさせてしまった後、そのご利用者さんがこの制度の対象外になってしまうという事があり得るのです。



ケアマネージャーさんは、決して隠しているわけではありません。



ですが、利用する側が知っていれば、スムーズに話を進めていく事ができるでしょう。

必要な物を揃える前に、ぜひケアマネージャーさんに相談してみましょう。